一人親方は必ず開業届と青色申告承認申請書を提出する

一人親方とは、主に建設業において自分一人あるいは自分と家族で事業を行っていく個人事業主のことです。

これから一人親方としてやっていく方は必ず開業届を最寄りの税務署に提出して確定申告を行うようにしましょう。

まず開業届は自分の住んでいる地域を管轄する税務署に提出します。原則として、事業を開始してから1ヶ月以内に提出します。開業届を提出することで、個人事業主として活動していくことが出来ます。

そして一人親方 確定申告の際は青色申告が出来るように手続きを進めると、税金の軽減が受けられます。青色申告を行うと、必要経費とは別に65万円までの「特別控除」を受けることが出来ます。必要経費以外にも65万円までであれば税金の控除が受けられるため、支払う税金の額を安く抑えたい人におすすめです。

ただし、特別控除を受けるためには、「複式簿記」と呼ばれる方法で帳簿をつける必要があります。そして、青色申告を行うには確定申告を行う年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出します。

ただし、1月16日以降に事業を開始した場合は、事業を開始してから2ヶ月以内に提出しましょう。サラリーマンと異なり、一人親方は毎年確定申告を行う必要があります。少しでも税金を安く抑えるためにも青色申告をおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ